ファンデーション塗り方

ファンデーションは塗り方で変わる!30代ならブラシ中央塗りがおすすめ

 

ファンデーションの塗り方次第で、顔の印象は大きく変わりますね。30代ならブラシ中央塗りがおすすめです。

 

素肌感を活かしつつ、大人の肌を最大限にきれいにみせるためには、ブラシを使ってササッと軽くのせる中央塗りが、新しいテクニックです

 

毛穴や小じわが気になり始めた肌に、ファンデを隅々まで塗ると、逆に老けて見える危険があります。

 

フェイスラインを残して中央塗りをするワケは、仕上がりに素肌感がでて、自然な美しさを伴うからです。マットすぎず、ツヤすぎない、優秀コスメを使うことで大人の美肌をてに入れられます。

 

30代向けブラシ中央塗りの手順

 

1.化粧下地(RMK ロングラスティングUV)を手のひらで温めてから、両手を使って顔全体に薄く伸ばします。

 

2.リキッドファンデーション(資生堂 シアー&パーフェクト ファンデーション)を、おでこ・鼻・両方の頬・あごの5ヶ所に、約1センチ大の量で置きます。

 

3.ここからブラシ(M・A・C スモールコントアーブラシ)を使います。ブラシを立ててクルクルと薄づきになるように、ファンデーションを伸ばします。フェイスラインには塗らないようにします。

 

4.ブラシについた残りのファンデを、まぶたや小鼻のあたりにのばします。

 

5.色ムラがあるところは、少量のファンデを足してブラシで叩き重ねます。

 

6.目のクマや赤みのある部分は、コンシーラー(資生堂 パーフェクティングスティックコンシーラー)を使って指で消すようにカバーします。

 

7.眉間や頬骨、あごにハイライター(rms beauty アイポリッシュルーナー)をのせて、潤い感を出します。

 

8.顔の中央をメインにして、仕上げのパウダー(THREE アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー)をブラシでふんわりとのせます。